【お願い】製作講座で紹介した打楽器たたき装置や改造バッテリーカーでPPSスイッチは使わないで

自在叩き装置1

マジカルトイボックスで作った製作講座の本で紹介している太鼓たたき装置ですが

ここのところ立て続けの書籍出版ですが・・・・【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門ATACには発売できる予定です。前作から手に入りにくくなった物を削除し,最近話題の機器を追加しています。ぜひ,ATACで見ていた

これを動作させるためにパシフィックサプライで販売されているPPSスイッチを使って、PPSスイッチが壊れるという報告をいただいています。

これは、たたき装置の中のソレノイドに大きな電流が流れ、PPSスイッチの定格を大きく超えてしまうからです。

詳しくは伊藤さんのサイトへ

重度障害者のコミュニケーション支援において,PPSスイッチはほんとうによく使われる道具です。 PPSというつづりは,ピエゾ・ニューマティック・センサー の略。 現場では「ピエゾ」や「エアバッグ」などと呼ばれることが多いですね。 ただ,厳密には「ピエゾ」では物理的な現象を意味してしまいます。

ですので、棒スイッチやフィルムケーススイッチのように単純な接点スイッチならいいのですが、回路を組み込んでいるような機器では太鼓たたき装置はご利用しならないでください。

また、改造バッテリーカーでもリレーを入れていない場合は壊れる可能性もあります。

これでの利用も控えてください。

1つの回避方法は中間にリレー回路を入れて、直接電流を流さないようにする必要があります。

ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 杉本義己 より:

    打楽器叩き装置のソレノイドの規格か
    電流値が分かりませんか
    よろしくお願いします。